三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

インターン募集中

SHOTA
HAMAMOTO
浜本 翔太

総合職(リテールコース)

エリア・支店

2012年入行

資産のコンサルティングを通じて、
お客さまの夢をかなえる。

現在の担当業務

ファイナンシャルアドバイザー(FA)として、地権者や法人オーナーなど富裕層のお客さまから資産形成層のお客さまを担当しています。管理計数としては約600人のお客さまと総預かり166億円の資産を担当し、資産運用や資産承継、不動産の活用などお客さまの大切なご資産に関わるあらゆるご要望にお応えするのがミッションです。

今まで心に残った業務上のエピソードは?

私がFAの任命を受けて間もない頃、多くの賃貸物件をお持ちの地主のお客さまを担当した時のことです。お客さまは資産承継のお悩みをお持ちでしたが、私自身まだ知識も経験も不足し、ミスをしてご迷惑をおかけすることが何度もあって、お話はできても胸襟を開いていただくには至らない状況でした。
状況を挽回して信頼を得るにはどうすればいいのか?私は土日も問わず、夢に出てくるぐらいその方のことを考えました。頻繁に足を運び、質問やご要望には上司やさまざまな部署の助けも借りてすぐに応えるように努めた結果、熱意がお客さまにも伝わって、初めて真の悩みを打ち明けてくださいました。その結果、アパートローンの見直しや遺言信託を用いてお悩みを解決することができました。ご家族の方にも感謝していただき、今ではSMBCに他行他社資産を全て集約していただいております。
その年度の活動が会社でも評価され、初めて行内の表彰を受けることができました。また、私自身知識と経験を深め、大きく成長できたと思います。この経験を糧として、これからもあらゆるお客さまのご要望に応えていきたいと思っています。

仕事をする上で大切にしていること、心掛けていることは?

「出逢いの縁」を大切にすることです。これはお客さま、職場の人、その他関わりのあるすべての人に言えることです。リテール業はお客さまと話をすることが多い仕事ですが、その中でお客さまからたくさんのことを学び、成長させてもらいました。今の自分があるのは今まで担当させて頂いたすべてのお客さまのおかげです。だからこそ、私は人一倍の「プロ意識」と「拘り」を持って資産のコンサルティングを徹底的に行い、お客さま一人ひとりが抱える悩みの解決に日々努めています。その結果としての「浜本さんに担当してもらえてよかった。ありがとう」の言葉が何よりの喜びです。このひとことのために仕事をしているようなもので、お客さまにも私と出会ったことを「よかった」と思っていただけるよう、これからも努めていきます。

今後どんな人になりたいですか?

「お客さまの夢をかなえられる人」です。お客さま一人ひとりの環境や属性、保有資産や価値観は違いますので、それぞれのご要望にお応えすることは決して容易なことではありません。今後もお客さま一人ひとりにしっかり向き合い、要望を叶えるプランを提供して、お客さまが夢の実現に近づくお手伝いをしていきます。

休日の過ごし方、今はまっている趣味は?

休日はのんびり過ごすことが多いです。近くの温泉でゆっくりしたり、マッサージに行ったりしています。はまっている趣味はゴルフです。何とかスコア100を切りたいと練習に励んでいます。

学生時代に夢中になっていたこと・そこから培われた能力は?

高校生の時に務めた、体育大会の応援団団長です。一大行事である体育大会では応援団の演舞が毎年熱く盛り上がります。部活動の後に行う演舞の練習は大変でしたが、最終目標に向かって心を一つにして夢中になって取り組み、結果として大成功をおさめ、一人ではできないことをチーム一丸となって成し遂げるチーム力を学びました。また、当初は「前に立ってみんなを引っ張る」ことが団長の役割だと考えていましたが、実はみんなを下から支え、欠けている部分を補う縁の下の力持ちであり、みんなが主役であることがチーム力だということにも気づいて、その大切さを知りました。

なぜSMBCを選びましたか?

就職活動の時、私の軸として「人の役に立ちたい」という思いがありました。これまでの自分を振り返ってみて思ったのは、「いかに人に助けられてきたか」「人のおかげで今の自分がある」ということでした。社会人になったら、今度は自分が人や社会の役に立ちたいと考えました。この軸を大切に就職活動を始めた時、SMBCのセミナーに参加して同じ思いを持たれているたくさんの先輩社員の方と出会いました。お客さまのためになることを、努力を惜しまず徹底的に考え行動している先輩たちの姿を見て「この人たちと一緒に働いてたくさんのことを側で学びたい、自分もお客さまのために夢中になって取り組める仕事をしたい」と強く願うようになったのが、志望の理由です。

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。