三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

インターン募集中

SAORI
HIDANO
肥田野 沙織

総合職(リテールコース)

エリア

2008年入行

様々な「顔」を持つお客さまのニーズを深堀りし、
解決のお手伝いをする。

現在の担当業務

大口資産家や非上場企業オーナー等の大口富裕層のお客さまを担当し、資産運用・資金調達・資産承継等、資産管理全般に関わるソリューションおよび商品・サービスの提供をする業務をしています。

心に残ったお客さまとのエピソード

担当者(ウェルスマネジメントバンカー)は、大口富裕層のお客さまの幅広いニーズに対してお客さまを取り巻く環境の変化や影響を適切に把握・先読みしながら、ソリューション、商品・サービスを提供し、スピーディーにその期待に応える必要があります。
私が担当していたあるお客さまは、中小企業のオーナーという「企業経営者」の顔、不動産や自社株を保有する「資産家」の顔、そして家庭を持つ「世帯主」の顔がおありでした。
企業経営者として当然、事業承継(会社をどのように次世代に引き継いでいくか)という悩みもお持ちでしたが、その悩みの奥には、個人として大切な資産を愛する家族へどう遺すかという悩みもありました。
そうしたお客さまに対し、お客さまのお役に立つご提案をするには、幅広いスキルが必要となりますが、自分一人の力には限界があります。
そうした中、上司のアドバイスや本部のサポートも得ながら、お客さまのニーズを深堀りし、愛する家族へそのご資産だけではなく、お気持ちを遺して差し上げるというコンセプトのもと、「遺言信託」という形でお手伝いをする事で、お客さまより大変感謝頂く事が出来ました。
後日、社長からは「作成に当たって色々な壁があったけれど、一緒に乗り越えてスピーディに対応してくれてありがとう。これで安心して思いっきり残りの人生を楽しめるよ。」という言葉を頂きました。
この件で改めて上司や本部の方々との「絆」の大切さを感じる事が出来ましたし、さらにはお客さまとの「絆」も深める事が出来ました。
今後はこの「絆」を、ご子息等次世代以降にも末長く続いていけるよう、SMBCとお客さまとの信頼関係をより厚いものにしていければと思っています。

どんな人と働きたいですか?

相手の立場になって物事を考えられる人と働きたいと思います。相手の立場になって物事を考えられる人は、常にアンテナを高くし、情報や変化に敏感に反応できています。どう自身が行動すれば周りに良い影響を与えられるかもわかっているので、自然と周りの雰囲気も良い方向へ導く事が出来ると思いますし、お客さまとも良好な関係が築けると思います。

学生時代に夢中になっていたこと・そこから培われた能力は?

学生時代はバスケ一筋でキャプテンをしていました。キャプテンとしてチームをまとめる時に、言葉で言う事は簡単だが、まずは自身で行動する事を心掛けていました。そうする事で自然とチームに想いが伝わり、仲間もついてきてくれるという事を学びました。
またそうした経験から、どんな困難に遭遇しても、目標に向かって今できる事を最大限することで、道は開けるのだという事も学び、今の仕事にも役に立っています。

これから社会に出る学生の方々にひとこと!

この仕事の醍醐味は、自分自身で勝負出来る事です。お客さまと向き合う際に必要となる金融知識については社会人になってからで十分身につきますが、最大の武器となるのは「自分らしさ」です。人生は一度きりですので、今できる事に最大限の力で取組み、可能性の幅を広げて下さい。

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。