三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

TOMOYUKI
SHIGETA
重田 智之

総合職

ストラクチャードファイナンス営業部

2005年入行

世界各国で、巨大プロジェクトの組成に携わる。

現在の担当業務

海外のエネルギーや資源開発に関わるプロジェクトに対するファイナンスを主なミッションとしていますが、プロジェクト向け融資の提供をおこなうアレンジャー業務に加えて、プロジェクトファイナンス組成のためには何が必要なのかアドバイスを行い、ファイナンスの組成までを事業主の方と共に作り上げるファイナンシャルアドバイザー(FA)という業務も行っています。アレンジャー業務では貸手としてプロジェクトに関与しますが、FAでは借手のアドバイザーとしてプロジェクトをサポートすることになります。

仕事の中で世界との関わりは?

私が担当しているプロジェクトは基本的には全て海外プロジェクトのため、世界各国、様々な国籍の方と共に一つのプロジェクトを遂行することとなります。SMBCのプロジェクトファイナンスの大きな拠点は、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、東京になるため、常日頃各拠点の仲間と連絡をとりグローバルベースでお客様をサポートすることとなります。当然、国や文化が異なれば仕事に対する姿勢も異なりますが、チームメンバーの特性を理解し、それぞれの強みを活かしながら最大のパフォーマンスを上げられるように日々努めています。

今までで心に残った業務上のエピソードは?

普段、銀行の中で業務をしているとなかなか見えてきませんが、私たちの銀行業務は本当に様々な波及効果を及ぼします。もちろん私たちがプロジェクトを遂行する「主体(事業主)」になるわけではありませんが、資金なくしてプロジェクトの遂行は不可能であり、事業主の方と一心同体となってプロジェクト組成に携わります。
その中でも特に記憶に残っているのは、数年前に、とあるLNGプロジェクトを担当させていただく機会があったときのことです。そのプロジェクトは日本円に置き換えると数兆円にも及ぶ巨大プロジェクトであり、日本の国益に大きく貢献するだけではなく、そのプロジェクトが行われる地域社会へのインパクトは筆舌に尽くしがたいものがありました。ある日、現地を訪問する機会をいただいたのですが、その際に現地政府の方や地域住民の方と意見交換を行う機会をいただきました。その意見交換の中では、そのプロジェクトのために何千人というワーカーがやってくること、さらにはその家族もやってくるため、例えば学校や病院の不足、町中の交通渋滞といった様々なトピックについて議論がなされ、プロジェクトの外におけるインパクトの大きさを改めて実感することができました。
私たちは通常、プロジェクトを遂行する上ではそのプロジェクト主体のお客様とのやりとりがメインストリームとなりますが、このプロジェクトのようにその地域で新たな何かを生み出す、そしてそのインパクトが多くの方へ影響を及ぼすことになるという、目の前のプロジェクトの先には何万人、何十万人という人がおり、良くも悪くも何らかの影響を及ぼしうるということを肝に銘じ、自らを戒めたことが非常に記憶に残っています。

職場の雰囲気を教えてください。

私たちは必然的にコミュニケーションを英語で行うことが多く、あちらこちらで英語が飛び交っています。また、海外の社員が東京に出張できたり、最近では海外のローカル社員が私たちの部署で働いていることもあり、本当に国際色豊かな、そのせいもあって大変リベラルで気さくな方が多く、活発な雰囲気です。

どんな人と働きたいですか?

何事にも前向きに、例えチャレンジングな状況でも諦めずに、そして謙虚な気持ちで取り組める方と働きたいです。プロジェクトファイナンスに限らず、どんな業務においても困難な状況というのはあります。その様な中でも強い気持ちで、前向きに取り組める方はきっとどんな状況でも打破できると信じています。

これから社会に出る学生の方々にひとこと!

就職活動は今後の自分の人生を大きく左右するであろう重要なタイミングであるのは事実ですが、本当に重要なのは人気企業やネームブランドがある会社で働くことではなく、今後自分が社会に対して何をしたいのか、何ができるか、そのやりたいことができるフィールドがその企業にあるかどうかが重要だと思います。どんな企業で働いていても、数年間の仕事内容で雲泥の差がつき、マーケットバリューも驚くほど差がつきます。なかなか難しいことだとは思いますが、世間体を一旦捨て、本当に何をしたいのか、人として何を成し遂げたいかをとことん考えて納得のいく決断をし、新たな一歩を踏み出せることを心から願っています。頑張ってください!

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。