三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

TAKUYA
TERAOKA
寺岡 卓也

総合職

市場営業部

2006年入行

トレーダー。言い訳のできないプロの世界。

現在の担当業務

主に外貨金利や通貨オプションのトレーディング業務を担当しています。プロ同士が取引を行うインターバンクマーケットで、自身の相場観に基づいて収益を追求することをミッションとしています。また、お客さま向けに提案するデリバティブ商品の価格設定や、約定となった取引を含むポートフォリオのリスクマネジメント業務も担っています。

やりがいを感じた瞬間は?

トレーディング業務は、日々の損益が数字として表れる、言い訳のできないプロの世界です。トレーダーはストレスの高い環境に耐え抜く精神的な強靭さを求められるとともに、24時間途切れることなく動き続けるマーケットを追い続ける身体的なタフさも必要とされます。非常に厳しい業務ではありますが、自分が考え抜いた通りの相場展開となり、収益につなげることができた時の達成感は何物にも代えがたく、この達成感を得るために業務に邁進しています。
お客さま向け取引にも積極的に携わっており、営業担当者と密なコミュニケーションを取りながら、競合他社に負けないデリバティブ商品の提案・プライシングに努めています。既存の商品ラインナップではお客さまのニーズに対応できないようなケースでは、新しいデリバティブモデル開発担当者などと協力して、商品をゼロから作り上げることもあります。各専門分野のプロフェッショナルの力を合わせることで、お客さまに新たな価値を提供できた時の喜びは格別です。

職場の雰囲気を教えてください。

トレーディング業務は個人プレイのように思われがちですが、チームで議論を重ねることでより強固な相場観を構築できることも多々あります。普段から上司・後輩を問わず、様々な話題について気軽に話をできる風通しの良い職場環境があるので、チームとしての強さにつながっているのだと感じています。

仕事をする上で大切にしていること、心掛けていることは?


変化を恐れず楽しむ姿勢を持つことです。銀行業界を取りまくビジネス環境も大きく変化しており、グローバル化やデジタル化が着実に進んでいます。この時代の流れに如何に順応していけるかが各銀行の優劣を決めることになると思います。日々の業務に注力することに加えて、世の中で生じている変化を敏感に感じ取り、その変化をビジネスチャンスとして積極的に活かすことを心掛けています。

将来の目標は?

SMBCには、非常に高いトレーディングスキルを持つ上司・先輩が多数在籍しています。得意とする相場展開や戦略は人それぞれですが、各人が苦しい局面を乗り越えながら試行錯誤して手に入れたものです。私も、これまで複数の商品でトレーディングをしてきた経験を活かし、自分ならではのトレーディングスタイルを確立していきたいです。また、お客さまのビジネスを市場性取引のプロという立場からサポートできるよう、関連各部との連携を今まで以上に深める役割を果たしていきたいと考えています。

なぜSMBCを選んだのですか?

学部時代は機械工学を、大学院時代はメディアコンテンツをテーマとした研究を行っていました。互いに全く異なる分野ですが、いずれの分野も知れば知るほどその奥深さに惹かれていきました。この二つに限らず、できる限りたくさんの業界に触れる仕事がしてみたいとの思いが高まっていたタイミングで、友人が主催していた金融勉強会に参加し、あらゆる産業・個人との接点を持つ銀行業界に興味を持ちました。
SMBCを選んだのは、私と同じように理系から銀行に就職して活躍している社員の方々と話をする機会を多数設定してくれたため、働くイメージが具体的に描けたことが大きな理由でした。その当時お会いした社員の方々には今でも近況報告をするなど、引き続きお世話になっています。

これから社会に出る学生の方々にひとこと!

特に理系の学生は、限られた情報の中で、「こうあるべき」という考え方に縛られて就職を考えがちです。ぜひ自分の可能性を信じて、いろいろなことに挑戦し、自分で納得できる道を選んでください。

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。