三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

インターン募集中

YOKO
KATSUYAMA
勝山 洋子

ビジネスキャリア職

東京グローバルサービス部

2006年入行

海外と繋がる輸入の窓口で、チームで協力し合い
スキルアップを目指す

現在の担当業務

輸入アライバルグループに所属しており、上席主任としてグループ長などの業務運行管理の補佐を行うほか、入力業務や他の担当者が入力した内容の検証なども行っています。
一般に日本の法人などのお客さまが製品や材料を輸入する際、海外の輸出業者に必要な書類を作成してもらい、輸出業者のお取引銀行を通してSMBCに書類が送られてきます。
私のいるグループでは、その書類がお客さま同士で交わした、売買契約を基に発行した「信用状(Letter of Credit、一般に「L/C」とも言います)」通りに作成されているかをチェックし、書類内容を外国為替システムへ入力した後、お客さまへご案内する仕事をしています。

やりがいを感じた瞬間は?

以前、お客さまから信用状に関する相談を受け、色々と情報を調べて真摯に向き合って対応した結果、あるとき「いつも勝山さんを頼ってしまいますね」とのお言葉を頂戴し、すごく嬉しかったことを覚えています。
また、海外から来た書類の意図を読み取って解決策を提供し、グループ内外から頼りにされると、自分のやってきたことが認められたようで、「もっと多くのことを学んで、もっと頼られる存在になろう!」というモチベーションが上がります。
一方で、上席主任として日々の業務の運行管理を補佐し、どうしたら業務がスムーズになるかを考えたり、後輩に他グループの業務知識を得るための勉強を薦めて育成を行うなど、メンバーのスキルアップも大事にしています。そうして全体を考えて動き、繁忙日を乗り切れたときは達成感が得られます。
さらに、私自身も含めた全員のスキルアップに注力しており、質問を受けた場合は分かりやすく説明し、また、質問もしやすい環境を作ろうと心がけています。私のノウハウを伝え、後輩には多くのことを学んでもらいたい一方で、私も自分にはない考え方を知り、学ぶこともできます。互いが刺激しあえる環境作りは、私が上席主任となってからの新しいやりがいのひとつです。

職場の雰囲気を教えてください。

輸入アライバルグループには30名が在籍していますが、そのうち27名は女性でみんな仲良くアットホームな雰囲気があります。さらに、輸入業務には他にもグループがいつくかあり、全体で業務の流れが完結するので、他グループともよくコミュニケーションを取る風通しのいい職場です。海外から到着する書類は、日によってグループメンバーだけでは対応できないこともありますが、他グループと力を合わせて応援しあえる環境なのも魅力です。
また、私のいるグローバルサービス部には、輸入業務以外にも、輸出業務・仕向送金業務・被仕向送金業務などの外国為替業務を行う様々なグループがあり、そこでも互いに連携を図っているほか、女性比率も非常に高く、安心して女性のライフステージに応じた働き方ができるダイバーシティの進んだ職場だと感じています。

仕事をする上で大切にしていること、心掛けていることは?

「正確」かつ「迅速」を心掛けて仕事をしています。輸入アライバルグループはお客さまと直接話す機会はあまりありませんが、私たちが正確かつスピーディにお客さまへ書類到着をご案内できることが一番のサービスです。
また、上司の言葉である「不良品を後工程に回さない!」ことを大切に考え、業務に取り組むようにしています。
この言葉は「自分の担当業務の後にも、書類の精査や検証をする人がいるから大丈夫だと、他人任せにしたり、不明確なまま書類の処理をせず、確実な形で次に渡す」ことです。
私たちの仕事はチームワークが重要です。しかし、一つひとつの処理は個々が責任を持って取り組むことで、ミスが格段に減ると感じました。そのため、周りとのコミュニケーションを重視し、常に意識して一人ひとりに声掛けをしています。

将来の目標は?

上席主任としてグループ長などを補佐していますが、さらに上の職位としてリーダーやグループ長を目指したいです。そのために、リーダーやグループ長の後ろ姿を見て様々なことを学んで吸収したい。そして、今とは正反対の輸出業務なども学んで、多くの知識を得てレベルアップし、周りからも頼られる存在になっていこうと考えています。
また、結婚・出産を経験して復帰している方が当部にはたくさんいます。私も先輩方のように仕事と家庭・育児を両立し、長く活躍できるように頑張りたいです。

休日の過ごし方、今はまっている趣味は?

家族や友人と買い物に行ったり、好きな俳優さんのイベントに行ったりしているほか、弟がアメフトの選手なので、シーズン中は家族みんなで応援に行きます。また、一週間の休暇が取れる連続休暇制度を利用し、旅行をするのが楽しみです。昨年はハワイに行ってきました。

学生時代に夢中になっていたこと・そこから培われた能力は?

大学ではテニスサークルの活動に夢中で、合宿や夏休みには大会もあり、とても楽しかったです。私は、リーダーを補佐するサークルのまとめ役として、活動のときにメンバーを集めたり、文化祭では屋台の売上目標に向けて力を合わせるなど、声掛けによるコミュニケーションをずっとしてきました。現在、輸入アライバルグループでも、全員で協力して業務が時間内に終わるように取り組んでおり、サークルで声掛けをしてチームをまとめるリーダーシップを学んだことが今でも役立っています。

なぜSMBCを選びましたか?

ずっと英語を専攻してきたので「英語を活かせる仕事に就きたい!」と思い、貿易関連の仕事なら、輸出入で海外と繋がることができると考え興味を持ちました。外国為替には無知でしたが、セミナーでも研修制度が整っていると聞き、安心したことを覚えています。
また、所属を考える際、外国為替を専門的に行うIコースの方が主に勤務する当部は、東京・大阪・名古屋の3拠点に集中しており、ほぼ全ての外為業務を集約し、より専門性を高める考え方にも惹かれました。
また、サークルでの経験から、仲間と一緒に目標を成し遂げることや、誰かの役に立てることが活力になると感じ、BC職が向いていると思ったところもあります。さらに、仕事とライフイベントの両立を支援する制度や福利厚生も手厚いので、仕事を長く続けていけると感じたところも大きいです。

これから社会に出る学生の方々にひとこと!

社会人になる皆さんは不安な気持ちや、就職活動でくじけそうになることもいっぱいあると思います。そんなときは、自分には「どういうことが向いているか」、「何をしているときが楽しいか」を考えてください。自分を見つめ直すことで、色んな可能性が見つかるかもしれません。そして、今の時期に様々なことへ挑戦し、経験することは、これから先の人生で活かされると思います。自分の可能性を見つけるためにも、前向きにチャレンジしてください。新社会人が入行してくることは、私たちにとっても大きな活力です。輸入アライバルグループは、皆さんが普段触れている製品が、どのように輸入されてくるのかを知ることができることも面白さのひとつです。そんな面白さを共有し、一緒に働けることを楽しみにしています!

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。