三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

インターン募集中

RIE
OTA
太田 梨絵

ビジネスキャリア職

東京グローバルサービス部

2014年入行

お客さまと海外を、安心と信頼でつなぐのが私たちの役割。

現在の担当業務

外国為替業務を担当する部の輸出受付グループで、貿易書類とともにお客さまよりお預かりする輸出手形のお買取(代金のご入金)手続きをする業務を行っています。
この貿易書類は、お客さまの売買契約を基に輸入側の銀行で開かれる信用状(一般的にL/Cと呼ばれる)に基づいて作成されます。L/Cの条件通りに書類が作成されていないと海外から代金が回収できない可能性があるため、お客さまから内容照会を受けることもあります。また手続きが滞りなく進むよう、お客さまの会社を訪問し、貿易書類作成時の留意点や貿易実務のアドバイスをすることも大切な仕事のひとつです。
これらの活動を通じて、「SMBCのファン」を増やし、お客さまとのお取引をより拡げさせて頂けるよう、常に心がけています。

失敗したこと、苦労したことは?

入行当初は、お客さまとのコミュニケーションがうまくとれなくて苦労しました。お客さまが望んでいることと、こちらの考えが合っていないことに気付かずに処理を進めてしまい、結果的にお客さまにも部署にも迷惑をかけたことがありました。このような行き違いが起きてしまったのは、私たちにとっては「いつもこうしているから」と当たり前に思っていることでも、相手にとってはそうでないケースがあるからだと感じました。
そのため、今ではお客さまがどういったことを望んでいるのか、その言葉の裏にどんな考えがあるのかを読み取り、また何度も確認するようにしています。仕事をスムーズに進めていくためには、お客さまと積極的に言葉を交わして、コミュニケーションをとっていく対応力が大切だと思っています。

職場の雰囲気を教えてください。

私の部署には19名が在籍していますが、そのうち16名が女性です。入行1年目からリーダー、グループ長と幅広く、みんなで和気あいあいとしています。ダイバーシティ制度がしっかり定着し、時短勤務者や産休中の方も複数います。またキャリアステップが明確になっているため、次に向かって目標が持てる職場です。

仕事をする上で大切にしていること、心がけていることは?

当部署では正確・迅速に事務処理することをスローガンとしています。私はその中でも「正確に処理すること」を心がけています。
お客さまの大切なお金を取り扱うため、たとえ小さなミスであっても犯してしまうと、お客さまはSMBCに対して不信感を持ってしまいます。このため、少しでも不明な点があれば、自分の判断だけでなく、周囲の先輩に聞いたり、お客さまに直接照会をして、確実に解消するようにしています。
“不明な点はそのままにしない”ことが正確な処理を行うにあたって大切なことだと思います。
そうすることにより、お客さまのSMBCへの信頼を得ることができると思います。

休日の過ごし方、今はまっている趣味は?

友人や家族と一緒に、少し遠出して街歩きやご当地グルメを堪能したりしています。最近は鎌倉や湘南が私の定番になりつつありますが、少し足を延ばして伊豆方面に行くこともあります。また海外旅行が好きで、会社に入ってからも連続休暇制度を利用して年に1、2回ほど海外に出かけています。

なぜSMBCを選んだのですか?

まずは、大学は英語を専攻してきたため英語に触れる仕事がしたかったからです。外国為替業務なら英語に触れられるのはもちろん、海外情勢とも緊密に関わる仕事ができることに魅力を感じました。さらに、グループ面接の際、多くの就活生がいる中でも、面接官の方が話すときにしっかりと私の目を見てくださったことが印象的でした。きっとここは、働く社員一人ひとりのことをしっかり見てくれるところだと、直感的に思いました。入行4年目になった今、その印象は間違っていなかったと思っています。

これから社会に出る学生の方々にひとこと!

就職活動中は苦しい思いをすることが何度もあるかもしれません。挫折しそうになることもあると思いますが、そんなときは無理に問題を解決しようとするのではなく、「明日には明日の風が吹く」と思って、時には流れに身を任せてみるのもいいと思います。
頑張り続けていると、いつか限界がきてしまいます。たまには息抜きもしながら、自分の未来に向かってチャレンジしてください。

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。