三井住友銀行 RECRUTING 2020 君ならでは、を世界へ。

!

未来への取り組みCase Study

#1

化学反応に必要な、一滴。

金融マーケットには新たなプレイヤーが次々と参入し、日々、新しい常識の種が生まれています。非金融企業が金融サービスを提供するようになった今、金融グループも従来の業務だけを続けているようでは、お客様へ本当の満足をお届けできない時代が既に始まっています。

しかし、人と暮らし、企業と文化が多様性を持ち拡張し続ける時代だからこそ、SMBCグループが蓄積してきた金融の経験・ナレッジ、顧客基盤・決済基盤・グローバルネットワークといった強みを、発揮できるチャンスが広がっているのです。

異業種同士で、次なる常識を生み出し続ける今の社会。銀行員という固定概念を捨てて、自由な発想を持ち挑戦することで、銀行こそが、人に、企業に、社会に、文化に、化学反応を起こし、未来を創造する最後の一滴となれるのです。

なぜ銀行が?
エキサイティングな
新しい常識にこそ金融を。

2017年9月、SMBCグループは、人、企業の自由な発想と好奇心を集結させる場所として、東京・渋谷にオープンイノベーション拠点「hoops link tokyo」を開設しました。

もはやビジネスを生み出す環境としてスタンダードになりつつあるコワーキングスペース。アイデア、熱量が交差する新しい常識を取り入れることで、異業種同士の価値創出だけでなくSMBCグループにも大きなイノベーションを起こせると考え、「hoops link tokyo」を運営しています。

スピード感ある事業スタートの実現や、ワクワクするような体験と試みをより確かなものに。新しい常識を、確かな常識へと昇華させていく。「hoops link tokyo」では、渋谷という次々と新しい文化が生まれる地の利を活かしながら、スタートアップ・自治体・大学・大企業など業界の垣根を越えて人々が集い、アイデアとアイデアが直結して新しい事業が生まれ始めています。

共創し、
より良い社会への
第一歩を。

企業規模の大小を問わず「お客様に真に喜んでいただけるサービスを生み出したい」。熱い想いを持った異業種企業の担当者とSMBCグループの新規事業担当者が集まり、ワークショップを実施することで新しい事業を創出する「SMBC BREWERY」というプログラムも立ち上がっています。

いわゆる「提案する人」「提案される人」の関係性はなく、共にゼロからビジネスアイデアを生み出すことで、従来型のコミュニケーションよりも強いパートナーシップを築くことができます。このパートナーシップこそ、スピードの早い社会とお客様のニーズ変化にも対応するための重要な推進力になります。

HEROZ株式会社とSMBC日興証券株式会社が共創し、個人投資家向けに株式ポートフォリオ改善の診断をするAIの開発が進むなど、2017年11月から開始した「SMBC BREWERY」の中から、新たなビジネスが生まれ始めています。

叶えたい夢を、
目標に変え実現させる
組織として。

SMBCグループには、未来へ向けた活動の中心となる組織があります。SMBCグループから集結したメンバーで発足したITイノベーション推進部。一人ひとりが実現したい、次なる金融グループの未来像を想像し、新しいサービスを創造していくことが仕事です。

金融の枠を越えたサービスの実現のために、シリコンバレーのグループ拠点で最先端技術やトレンド情報の収集。さらに「SMBC BREWERY」で金融サービス以外の発想と刺激も吸収しています。国内外問わず、SMBCグループと共にビジネスを生み出したいと考える企業と事業開発のアイデア創出を行っています。

たとえば、株式会社三井住友フィナンシャルグループと、株式会社NTTデータ、アイルランドのDaon,Inc.と共に、複数の生体認証技術を活用した個人情報管理サービスを提供する株式会社ポラリファイを設立したことも、この組織の実績です。よりセキュアであることが求められる個人情報の管理において、テクノロジーとの融合により金融の経験・ナレッジを進化させたサービスを提供しています。

SMBCでは、
一人ひとりが変化する時代に、
進化する銀行のアイデアを
カタチにする取り組みが加速しています。
銀行で働く理由も人の数だけあってもいい。
「こうしたい」の数だけ、
銀行の未来があってもいい。

本サイトは、縦画面で閲覧することができます。